ブログ個別記事サムネイル

銘柄考察

アルマード(アルマ) (4932)の株価は今後どうなるか【2022年8月19日(金)】

投稿日:

最初に断っておくが、当記事は銘柄の株価が今後上昇する事を保証したり、買い推奨したりする性質のものではない。あくまで現状の材料に基づいた個人の私見であり、当記事を参考にして株式売買をした結果として損失が発生しても一切保証出来ない事は留意されたい。

今回は、アルマード(アルマ) (4932)について簡易的に考察して株価動向を予想したい。

前回記事作成後の決算は増益増配自社株買い、上場来高猫で1.4倍化達成

この銘柄に関しては、以前記事(アルマード(アルマ) (4932)の株価は今後どうなるか【2022年4月29日(金)】)を作成したので、併せて参照されたい。

記事作成後の株価推移としては、チャート(アルマード【4932】の株価チャート|日足・分足・週足・月足・年足|株探(かぶたん))を見ると後悔翌日からしばらく1,000円付近でレンジ、それから5月11日の大引け後に決算(アルマード【4932】、今期経常は11%増益、15円増配へ | 株探ニュース)と自社株買い(アルマード【4932】2022年05月11日 開示情報 - 自己株式取得に係る事項の決定に関するお知らせ)を発表を経て、6月29日には上場来高値を1,447円迄高猫し、およそ2ヶ月で都合1.4倍の上昇を達成した。

 アルマード<4932>=ストップ高。前日は大幅安となっていただけに、きょうは値ごろ感からの買いも入りやすかった。同社は卵殻成分を配合した化粧品や食品の企画・開発及び通販を手掛けるが、11日取引終了後に発表した22年3月期決算は、会員数回復などを受けて営業利益が前の期比59%増の8億3500万円と急増。続く23年3月期も新商品投入効果などにより利益成長を継続する見通しで、前期比13%増の9億4000万円を見込んでいる。好業績を背景に前期は40円配当を実施、今期は更に15円増配の55円を計画している。更に、発行済み株式数の3.0%相当の30万株、金額ベースで3億円を上限とする自社株買いも発表しており、これが株価を強く刺激する格好となった。

引用:<動意株・12日>(大引け)=リョービ、フィールズ、アルマードなど | 株探ニュース

再度の自社株買い実施、そして大株主交代も思惑視で青天井モードか

同社は今月12日の大引け後15時に決算(アルマード【4932】、4-6月期(1Q)経常は赤字転落で着地 | 株探ニュース)と自社株買い(アルマード【4932】2022年08月12日 開示情報 - 自己株式取得に係る事項の決定に関するお知らせ)を発表。すると、PTSは赤字転落の見出しが嫌気されたか一時1,000円を割れたが、翌日のザラ場は前日終値1,020円に対して大幅GU始値1,095円で寄り付き、一時1,130円迄買われるも終値1,091円で引け。

 直近3ヵ月の実績である4-6月期(1Q)の売上営業損益率は前年同期の0.2%→-22.3%に急悪化した。

引用:アルマード【4932】、4-6月期(1Q)経常は赤字転落で着地 | 株探ニュース

(2) 取 得 し 得 る
株 式 の 総 数
300,000 株(上限)
(発行済株式総数(自己株式を除く)に対する割合 3.1%)

引用:アルマード【4932】2022年08月12日 開示情報 - 自己株式取得に係る事項の決定に関するお知らせ

直販の顧客獲得は好調で、当第1四半期は過去最高の獲得数を記録した。テレビCM放映により新規顧客獲得数が飛躍的に増加し、定期会員数も大幅に増加した。さらに、他主要指標である顧客獲得コストもTVCM展開の結果、前年同期比で大幅に良化となった。一方、美白商品は規模拡大に向けた検証段階であり、改善策を順次実施する予定となっている。

引用:アルマード---1Q直販の新規顧客獲得が拡大し、2ケタ増収 | 株探ニュース

それから程無く同月15日の大引け後には、大株主に関する材料(アルマード【4932】2022年08月15日 開示情報 - 主要株主の異動(予定)及びCBC株式会社による当社株式(証券コード4932)の買い付けに関するお知らせ)を開示。

5.今後の見通し
CBC 株式会社より、安定株主として長期的に保有する予定である旨の報告を受けております。
本件主要株主の異動による当社経営体制及び業績等への影響はありません。

引用:アルマード【4932】2022年08月15日 開示情報 - 主要株主の異動(予定)及びCBC株式会社による当社株式(証券コード4932)の買い付けに関するお知らせ

◆義務発生日 保有割合(前回→今回)   保有株数    提出日時
2022/08/15 10.32% →  0.00%        0  2022/08/17 10:28

引用:アルマードについて、アント・キャピタル・パートナーズは保有割合が5%未満に減少したと報告 [変更報告書No.5] | 株探ニュース

◆義務発生日 保有割合(前回→今回)   保有株数    提出日時
2022/08/15  ― % → 11.79%    1,225,000  2022/08/16 16:28

引用:アルマードについて、CBCは保有割合が5%を超えたと報告 [大量保有報告書] | 株探ニュース

今回の追加取得の目的は、卵殻膜加工において独自の技術を有し、国内での化粧品・サプリメントの製造・販売で高い知名度を有する株式会社アルマードが、今後更に世界展開を進めたい意向を持っており、CBCが有するグローバルネットワークの強みを活かすことで、両社が協業し、共に海外で営業拡大を指向していくことで一致したことによるものです。

引用:株式会社アルマード(東証スタンダード市場/企業コード4932)の株式追加取得のお知らせ|ニュース|CBC株式会社

すると翌日の株価は前日終値1,091円に対して1,102円で寄り付き、一時1,201円迄買われて1,155円で引け。そして今日は手仕舞い売りが出易いであろう週末金曜日にも関わらず、大陽線を打ち立てて上場来高値を1,487円迄高猫した。

アルマード<4932> 1249 +104
CBCが株式追加取得。

引用:前日に動いた銘柄 part2 エフ・コード、サンリオ、ジモティーなど | 株探ニュース

今後の株価動向については、今日終値1,426円は時価総額148億円で発行済株式数およそ1,039万、日足週足月足はそれぞれ過去に揉み合った1,200~1,300円の地帯を大陽線で難無く突破から上場来高猫済み青天井確変モード凸乳、度重なる自社株買い且つ配当利回り未だ3.86%の高水準、大株主についてはアント・キャピタル・パートナーズからCBCにバトンタッチで思惑加速等、行く行く手始めに公開価格880円の2倍1,760円を試し、更に2,000円の大台突破もいつの日か期待出来るのでなかろうか。

無論、今後突如として何らかの悪材料が出現したり地政学リスク等に見舞われて株価暴落が起こらない保証は一切無い点は言うに及ばない。

-銘柄考察

Copyright© 孤独人生.com , 2022 All Rights Reserved Powered by STINGER.