ブログ個別記事サムネイル

銘柄考察

多木化学 (4025)の株価は今後どうなるか【2022年10月14日(金)】

更新日:

最初に断っておくが、当記事は銘柄の株価が今後上昇する事を保証したり、買い推奨したりする性質のものではない。あくまで現状の材料に基づいた個人の私見であり、当記事を参考にして株式売買をした結果として損失が発生しても一切保証出来ない事は留意されたい。

今回は、多木化学 (4025)について簡易的に考察して株価動向を予想したい。

過去にバカマツタケ完全人工栽培の成功を受け物色、1ヶ月で2.5倍化達成

多木化学 (4025)は現在東証プライム市場に属し、銘柄の概要は下記の通り。

人造肥料の草分けで化学肥料大手。水処理薬、機能性素材や商業施設も。

引用:多木化学(多木化)【4025】株の基本情報|株探(かぶたん)

この銘柄は、2018年10月にバカマツタケ完全人工栽培の成功ネタ(バカマツタケの完全人工栽培に成功)を受けて短期2.5倍上昇(多木化学(多木化)【4025】の株価チャート|日足・分足・週足・月足・年足|株探(かぶたん))相場を形成した。

きのこは、私たちが古くから食べてきた食材です。また、シイタケ、マイタケ、ブナシメジなど人工栽培が可能になったことで、いつでも食卓に並ぶようになっています。しかしながら、植物と共生する「菌根菌」に分類されるきのこは、生きた植物から栄養をもらいながら成長するという特徴から、人工栽培が難しいとされています。特に、マツタケ近縁種は、日本人に好まれるきのこであることから、多くの研究者が「完全人工栽培※1」に取り組んできましたが、成功した例がありません。

引用:バカマツタケの完全人工栽培に成功2018.10.4多木化学株式会社 研究所ライフサイエンスグループ

 肥料メーカーの多木化学(兵庫県加古川市)の株価が、5日急騰した。制限値幅上限の前日比1000円(19.42%)高の6150円だ。

それも朝一番にストップ高を記録してそのまま終値まで継続している。

中略

多木化学は2012年からバカマツタケの完全人工栽培に着手。今年4月に完全人工栽培の成功を確認した。

中略

菌根菌のキノコの中には、マツタケ類だけでなく、トリュフやポルチーニ、ホンシメジ、タマゴタケなど高級キノコが多い。今回の成功が、これらの人工栽培技術にもつながるかもしれない。……と考えていると、やっぱり株価は上がりそうだな。

引用:株価を急騰させたバカマツタケ栽培成功は、常識破りの大発明だ(田中淳夫) - 個人 - Yahoo!ニュース2018/10/6(土) 10:17

同社は約6年間の研究期間を経て、天然のきのこから分離した菌株を植物と共生せず、室内環境で栽培することに成功した。今後は安定栽培技術や供給体制の構築を進め、事業化を目指すとしている。

引用:多木化が3日連続ストップ高、バカマツタケの人工栽培に成功を引き続き材料視 投稿日時: 2018/10/10 09:51[株探] - みんかぶ(旧みんなの株式)

今年中にバカマツタケ事業化進展の可能性、成就すれば再度爆上げシナリオも期待

同社は今年1月24日、材料(バカマツタケ事業化についての経過報告)を開示。

商業生産を可能とする栽培方法を概ね確立

中略

令和4年度内の試験販売と商業生産設備の着工を目指して

引用:バカマツタケ事業化についての経過報告令和4年1月 24 日多木化学株式会社 研究所きのこ事業化プロジェクトチーム

尚、最新決算は増益。

通期計画の18.5億円に対する進捗率は96.5%に達し、5年平均の61.3%も上回った。

引用:多木化学【4025】、上期経常は9%増益で着地 | 株探ニュース2022年07月29日15時00分

 多木化学 <4025> [東証P]は、水処理薬剤をはじめとする化学品事業と、肥料などを製造・販売するアグリ事業が中核。その両事業が好調で上期(1-6月)連結決算は、営業利益が15億7200万円となった。収益認識に関する会計基準の適用で前年同期との増減率はないものの、22年12月期通期予想の同15億5000万円を上回っている。

引用:異常気象で野菜高騰、「肥料・農薬関連」は業績増額銘柄の宝庫 <株探トップ特集> | 株探ニュース2022年08月25日19時30分

今後の株価推移については、今日の終値5,070円は時価総額480億円で発行済株式数およそ945万且つ配当利回り0.99、日足は5月27日の4,220と6月20日の4,225でダブルボトム確認から5,000付近のレンジ推移、週足は5,225~5,695に一目均衡表の雲、月足の雲は5,126~5,609、2018年10月にバカマツタケ完全人工栽培の成功ネタで1ヶ月2.5倍化実績、今年中に試験販売と商業生産設備の着工を目指す開示済みで先立つ期待感等、今月28日に予定されている決算発表を念頭に置きつつ一攫千金一発逆転の大化け浪漫を追求すべくエンタメ年末ジャンボ宝くじ夢枠として一口乗ってみる価値は大いに有るので無かろうか。

無論、今後突如として何らかの悪材料が出現したり地政学リスク等に見舞われて株価暴落が起こらない保証は一切無い点は言うに及ばない。

-銘柄考察
-, , ,

Copyright© 孤独人生.com , 2023 All Rights Reserved Powered by STINGER.