ブログ個別記事サムネイル

銘柄考察

サイジニア (6031)の株価は今後どうなるか【2022年7月26日(火)】

投稿日:

最初に断っておくが、当記事は銘柄の株価が今後上昇する事を保証したり、買い推奨したりする性質のものではない。あくまで現状の材料に基づいた個人の私見であり、当記事を参考にして株式売買をした結果として損失が発生しても一切保証出来ない事は留意されたい。

今回は、サイジニア (6031)について簡易的に考察して株価動向を予想したい。

筆頭株主はソフトバンク (9434)、今年に株式分割を実施

サイジニア (6031)は現在、東証グロース市場に属しており、銘柄の概要は下記の通り。

ソフトバンク系。購買行動分析サービスを提供。データ分析に基づいた広告を配信。

引用:サイジニア【6031】株の基本情報|株探(かぶたん)

この銘柄は、ソフトバンクグループ (9984)の子会社であるソフトバンク (9434)が筆頭株主。又、SBテクノロジー (4726)と業務提携契約を締結している。

ソフトバンク・テクノロジー株式会社(代表取締役社長 CEO:阿多 親市、本社:東京都新宿区、東証一部上場:コード番号4726 、以下「SBT 」)は、レコメンデーションサービス「デクワス」を提供するサイジニア株式会社(代表取締役社長:吉井 伸一郎、本社:東京都品川区、以下「サイジニア社」)と業務提携契約を締結するに至りましたので、下記の通りお知らせいたします。

引用:サイジニア株式会社との業務提携に関するお知らせ

◆義務発生日 保有割合(前回→今回)   保有株数    提出日時
2021/11/16 30.78% → 19.89%     630,863  2021/11/18 16:00

引用:サイジニアについて、SBは保有割合が減少したと報告 [変更報告書No.9] | 株探ニュース

尚、今年1月には株式分割(サイジニア【6031】2021年12月22日 開示情報 - 株式分割に関するお知らせ)を実施した。

①分割の方法
2022 年 1 月 31 日を基準日として、同日最終の株主名簿に記載又は記録された株主の保有
する普通株式を、1株につき2株の割合をもって分割します。

引用:サイジニア【6031】2021年12月22日 開示情報 - 株式分割に関するお知らせ

今日出した2つのネタで急動意、YH高猫からストップ高磔獄門

同社は今日の前場開始前、プレスリリースを2つ(『デクワス.LISTING』を提供開始 ~リテールメディアテックを実現する検索連動型広告ソリューション~ – scigineer )(EC商品検索・サイト内検索エンジン「ZETA SEARCH」が1年間に処理する総クエリ数が約1200億クエリとなりました – scigineer)発表。これを受け、今日の株価は前日終値986円に対して始値1,030円で寄り付き、一時は995円迄売られるも前引け時点でYHを高猫からストップ高1,136円に磔獄門の刑。

さらに3rd Party Cookie規制の動向が注目される中、リターゲティング広告に代わる広告商品の一つである検索連動型広告は、欧米においてはすでに大規模なマーケットを形成しています。

━━━━━━━━━━━
▼Amazon
GoogleやFacebookから広告予算がシフトしているAmazon広告。多くの小売事業者が利用する5つの理由
https://netshop.impress.co.jp/node/8840

引用元:ネットショップ担当者フォーラム 2021年7月1日配信

▼Walmart
ウォルマート、広告業界でも存在感…広告ビジネスの売上高が前年比2倍に
https://www.businessinsider.jp/post-240584

引用元:BUSINESS INSIDER JAPAN 2021年8月27日配信
━━━━━━━━━━━

リスティング広告自体、Google広告などを筆頭に巨大な広告市場を形成しており、リテールメディアにおいてのリスティング広告はインターネット検索に比べてユーザーが非常に購買に近いステップにいるため、より広告効果が期待でき、今後日本でも急速に普及することが予想されます。

引用:『デクワス.LISTING』を提供開始 ~リテールメディアテックを実現する検索連動型広告ソリューション~|サイジニア株式会社のプレスリリース

ZETAが提供するマーケティングソリューション「ZETA CXシリーズ」の主力製品であるEC商品検索・サイト内検索エンジン「ZETA SEARCH」は、株式会社ニトリ・資生堂ジャパン株式会社・東日本旅客鉄道株式会社・株式会社ビームス・ミドリ安全株式会社など、様々な業界の企業へ導入されており継続率95%の実績を誇ります。

導入企業の増加に伴い、商品検索時に入力されるデータである検索クエリも大幅に増加しており、ZETAが年間で処理する年間総クエリ数は前回集計した第14期(2019年6月~2020年5月)の900億クエリ(※2)から、約2年で133%となりました。

また既報の通り、ハッシュタグ活用エンジン「ZETA HASHTAG」の提供を開始して7つの製品ラインナップとなった「ZETA CXシリーズ」は、第16期(2021年6月1日~2022年5月31日)の導入サイトにおける年間総流通額が約3兆円(※3)、ネット通販TOP100のうち28社に導入(※4)されるなど実績を積み上げております。

引用:EC商品検索・サイト内検索エンジン「ZETA SEARCH」が1年間に処理する総クエリ数が約1200億クエリとなりました – scigineer

今後の株価推移については、今日前場時点で株価ストップ高磔獄門の刑1,136円は時価総額72.3億円、日足はYH高猫で節目無し、週足は一目均衡表の雲上限1,083円を突破、月足も雲抜け間近、筆頭株主は目下時価総額が9兆円を超えるソフトバンクグループ (9984)が親会社である同時価総額7兆円超えのソフトバンク (9434)等、目先1,200円がターゲットで勢いが続く様ならば去年の七夕につけた1,670円高猫から更に上を狙える余地も十二分に期待出来よう。

無論、今後突如として何らかの悪材料が出現したり地政学リスク等に見舞われて株価暴落が起こらない保証は一切無い点は言うに及ばない。

-銘柄考察
-, , ,

Copyright© 孤独人生.com , 2022 All Rights Reserved Powered by STINGER.