ブログ個別記事サムネイル

人生

2019年最初の日に

投稿日:

年が開けた。と言っても、個人的には特に感慨や込み上げるもの等も無く、気付いたらトイレの中で年越しの瞬間を迎えていた。

正月はどう過ごすか

それぞれ、自由にすればいいだろう。ご来光を拝むもよし、混雑を掻き分け初詣へ行くもよし、こたつでぬくぬくとおせち料理を頬張るもよし。正解なぞ無いのだ。自身の判断で意思決定し、実行すればいい。

尚、俺はいつもと変わらず、起床しツイッターを開き、ホットブラックコーヒーを飲み、昼食を取り(因みに、今日は松屋で食べた。盆・暮れ・正月問わず24時間営業しており、俺の様な独り身にも親切な店で、実に重宝する。8割方程の混み具合だった。)、またツイッターを再開し、今こうしてブログを書いている。この後は今現在予定の段階だが、またツイッターを眺め、時間が来れば夕食をスーパーに求め、帰宅後シャワーを浴び、ツイッターをしながら食事し、日付が変わった少し後に眠る。

特に平時と変わらず、他者と寄り集まる機会等も一切無い。だが、どうしようもない。それもまた、人生なのだ。

新年の抱負はどうするか

俺は特に設けていない。強いて言えば、「可能な限り日々健康に過ごし、美味いものを食べ、インターネットに浸かり、気ままにブログを書き、適度に歩いて、布団でぐっすり眠る」、だろうか。

言うなれば、何でもいいのだ。他人と過度に比べる事無く、自分なりの基準でいい。劣等感を抱く事も、恥じる必要も一切無い。自分の人生なのだから。また、今現在決めきれなくとも、ある日ひょっこり気が変わるかも知れない。いずれにせよ、深く悩み考え込まずともよかろう。

賽は投げられた

とにかく、今年は既に始まった。賽は投げられたのだ。世間では5月に元号が切り替わり、10月には消費税増税も控えている。他にも、大小様々なイベントがあるだろう。

個人的レベルで出来る打ち手としては、自分なりに出来る事を粛々と日々こなしていく他あるまい。現状を嘆き思考停止するのは楽で手っ取り早いが、その分、人生の可能性の芽を摘む。だが、自分なりに出来る事を継続すれば、次第に出来る事が増え、結果、事態を前進・好転させたり思わぬ果実を手に入れられる等の可能性が発生する。

可能な限り、どうにかして2019年を充実させたいものである。

-人生

Copyright© 孤独人生.com , 2021 All Rights Reserved Powered by STINGER.