ブログ個別記事サムネイル

明日上がりそうな銘柄は何か

明日上がりそうな銘柄は何か【2022年9月13日(火)】

更新日:

最初に断っておくが、当記事は銘柄の株価が絶対に上昇する事を保証したり、買い推奨したりする性質のものではない。あくまで個人の私見に基づく明日(翌市場開帳日)上がりそうな銘柄予想であり、当記事を参考にして株式売買をした結果として損失が発生しても一切保証出来ない事は留意されたい。

尚、銘柄を探す際には主にこちら(株探 | 適時開示 - 上場会社が公表した【開示情報】を使いやすく区分し、リアルタイムで配信)(株探 | 市場ニュース - 株式市況、話題株・注目株ニュース、決算速報)を使い、独断と偏見で材料のポジティブ度合いや銘柄の過去に於けるネタ感度(何か出して簡単に上がるか、それとも反応が鈍くあまり上がらないか)等を考慮して記事で取り上げる銘柄を選定する。

株式取引に於いて、可能な限り最小の時間軸、買ってから1日、前・後場の2.5時間、1時間、30分、1分で株価が上昇する銘柄にベットして最小効率で最大利益を叩き出したいのが人情。前日引け後に材料を出した銘柄の中には、ひょっとするとそんな一見すると我儘な欲求を十二分に満たしてくれるキラリと光るダイヤモンドの原石が埋もれているかも知れない。

今日の大引け後に材料を出して、明日上がりそうな銘柄

ユーグレナ (2931)

材料:気候変動問題を解決する藻類育種技術の実証実験を開始 | 株式会社ユーグレナ(15時)

今日の株価推移:前日終値970→始値970→高値974→安値953→終値957円

メモ:日足は目下75日線をサポに推移、そこに時価総額14兆2,599億円を誇る日本電信電話 (9432)絡みのネタを受けての大幅上昇を期待。

3.今後の展望
 今後NTTとユーグレナ社は、数種の藻類を対象にして、藻類の増殖速度、CO2吸収・固定能力、バイオ燃料の原料として有用な油脂生産性などを指標にして藻類育種技術の実証試験を重ね、実用化をめざします。また、様々な目的に適した有用株を効果的に選抜する手法についても検討します。将来的には、藻類にかかわらず、気候変動課題の解決に有用な微生物などを対象とすることも含め、その能力を最大限に引き出すことができる汎用性の高い育種技術へと発展させていきます。

引用:気候変動問題を解決する藻類育種技術の実証実験を開始 | 株式会社ユーグレナ

アピリッツ (4174)

材料:2022.09.13IR資料2023年1月期 第2四半期 決算説明資料(8MB)、適時開示自己株式取得に係る事項の決定に関するお知らせ(400KB)決算短信2023年1月期 第2四半期決算短信〔日本基準〕(連結)(411KB)適時開示剰余金の配当(中間配当)に関するお知らせ(357KB)法定開示四半期報告書-第23期第2四半期(令和4年5月1日-令和4年7月31日)(142KB)アピリッツ、2023年1月期第2四半期決算発表のお知らせ。連結の第2四半期累計期間は昨対比で増収・増益にて着地、(15時)

今日の株価推移:前日終値1,088→始値1,116→安値1,068→高値1,188→終値1,165

メモ:ここ数ヶ月1,000円付近のレンジで推移、複数の材料を後押しにワンチャン4月13日のYH1,331円鷹猫期待。

 同時に、上限を5万株(発行済み株数の1.23%)、または7000万円とする自社株買いを実施すると発表した。取得期間は22年9月14日から23年3月13日までで、自社株を利用したM&Aなどへの活用、並びにグループの役員・従業員に対する株式報酬への活用によって同社の企業価値の向上に対する積極的なコミットメントを得ることを目的としているという。

引用:アピリッツの7月中間期営業利益は計画上振れで着地、5万株を上限とする自社株買いも発表 | 株探ニュース

 会社側が発表した上期実績と据え置いた通期計画に基づいて、当社が試算した8-1月期(下期)の連結経常利益は前年同期比30.5%増の2億8700万円に拡大する計算になる。

引用:アピリッツ【4174】、上期経常が黒字浮上で着地・5-7月期も黒字浮上 | 株探ニュース

メディア総研 (9242)

材料:2022/09/13 決算短信 2022年7月期 決算短信〔日本基準〕(非連結) PDF (314KB)2022年7月期決算補足説明資料 PDF (274KB)事業計画及び成長可能性に関する事項 PDF (2,020KB)新規事業の開始に関するお知らせ PDF (141KB)大阪事業所開設に関するお知らせ PDF (165KB)(15時)

今日の株価推移:前日終値1,576→始値1,936→安値1,852→高値1,976→終値1,976

メモ:ここ3日で1,200→1,976円と短期1.5倍達成、勢いそのままに材料を受けて去年12月以来の2,000円復帰を期待。

 直近3ヵ月の実績である5-7月期(4Q)の経常損益は5000万円の赤字(前年同期は5600万円の赤字)に赤字幅が縮小し、売上営業損益率は前年同期の-95.0%→-74.0%に改善した。

引用:メディア総研【9242】、今期経常は11%増で2期ぶり最高益更新へ | 株探ニュース

ALBERT (3906)

材料:2022/09/13 ニュース ALBERTと三菱重工機械システム、 自動車衝突シミュレータのパラメータ最適化AIを共同開発NEW(15時)

今日の株価推移:前日終値4,335→始値4,390→高値4,440→安値4,300→終値4,300

メモ:チャート(ALBERT【3906】の株価チャート|日足・分足・週足・月足・年足|株探(かぶたん))は今月2日の4,055円をボトムに今日は一時4,440円迄リバって25日線上に頭出し、余熱有る内の材料を受けて4,500円突破を期待。

このAIを導入することで、自動車衝突シミュレータの衝突再現性能は更に向上し、より効率良く試験を行うことができます。これにより、ALBERTおよび三菱重工機械システムは、自動車衝突シミュレータを通じて、自動車および構成部品の更なる開発スピード加速に寄与します。

中略

今後の展開
本システムの運用を通じて蓄積された知見・データを活かしてAIの更なる精度向上・処理高速化を図るとともに、自動車衝突シミュレータの性能・付加価値向上につながるよう、ALBERTと三菱重工機械システムは今後も最新の技術動向を取り込みながら連携して取り組んでいきます。

引用:2022/09/13 ニュース ALBERTと三菱重工機械システム、 自動車衝突シミュレータのパラメータ最適化AIを共同開発NEW

<3906> ALBERT 4325 +240
大幅に3日ぶり反発。22年12月期の純利益を従来予想の4.46億円から6.44億円(前期実績3.53億円)に上方修正している。AI・高性能チャットボット スグレス事業の譲渡に伴い、2.85億円の特別利益が発生したため。営業利益予想は6.57億円(同4.36億円)で据え置いた。5月20日に直近高値(5490円)を付けてから株価が右肩下がりで推移していたため、自律反発に期待する買いも入っているようだ。

引用:新興市場銘柄ダイジェスト:メドレックは年初来高値、ウェッジHDがストップ高 | 株探ニュース

 エアトリ (6191)

材料:投資事業(エアトリCVC) 2022/09/13 AI・データサイエンスでクライアントの課題を解決する株式会社エスタイルと資本業務提携(15時30分)

今日の株価推移:前日終値2,898→始値2,961→安値2,915→高値3,010→終値2,923

メモ:ここしばらく2,600円付近の揉み合いを制して昨日は大陽線から今日も続伸で一時3,000円突破、好調な状況での材料豆乳を受けて更に上昇期待。

エアトリ<6191> 2898 +237
リオープニング関連の一角が強い動きに。

引用:前日に動いた銘柄 part1エアトリ、日本空港ビル、マツキヨココカラ&カンパニーなど | 株探ニュース

INCLUSIVE (7078)

材料:INCLUSIVEとナンバーナイン、北海道宇宙サミット2022にて民間ロケット開発を題材にしたWEBTOON『晴天のデルタブイ』の限定リリース決定 - INCLUSIVE株式会社・インクルーシブ(15時30分)

今日の株価推移:前日終値1,405→始値1,371→高値1,485→高値1,260→終値1,323円

メモ:先週金曜日の965円から3日で短期1.5倍達成の爆発力、材料を受けて再度上昇を目指す展開に期待。

IST創業者堀江貴文氏、美少女キャラ「堀越エリ」で登場予定

中略

■今後の展開

『晴天のデルタブイ』は北海道大樹町を舞台に、民間ベンチャーロケット会社が開発するロケットを宇宙に到達させるまでの波乱万丈な物語をWEBTOONとして描く挫折と挑戦の群像劇です。「シリーズ1」は全30話を予定しており、来たる9月29日に北海道帯広市で開催される「北海道宇宙サミット2022」の開催期間中にイベント参加者限定で先行リリースいたします。一般リリースの詳細および実写ドラマ化、映画化などについては現在検討中であり追ってご案内させていただきます。

■IST創業者 堀江貴文氏のコメント

今回配信されるウェブトゥーン「晴天のデルタブイ」を読んで宇宙ロケットを作りたい!と思う若者が増えてくれることを期待します!かっぴーさんの原作はネーム段階から読んでますけど相変わらず面白い!そして私のストレートなトークは美少女キャラにするとオブラートに包まれて納得感があるとの指摘を誰かに受けたことを覚えてくれてたんですね。楽しみです。

引用:INCLUSIVEとナンバーナイン、北海道宇宙サミット2022にて民間ロケット開発を題材にしたWEBTOON『晴天のデルタブイ』の限定リリース決定 - INCLUSIVE株式会社・インクルーシブ

 INCLUSIVE<7078>=ストップ高。資本・業務提携を結ぶロケット開発のインターステラテクノロジズ(北海道大樹町)が前日8日、開発を進めている超小型人工衛星用ロケット「ZERO」の打ち上げに対応した新射場が着工されたことを明らかにしており、これを材料視した買いが入ったようだ。新射場は大樹町が整備主体となって建設が進められ、2023年度に完成する予定となっている。

引用:<動意株・9日>(大引け)=INC、はてな、ネクスGなど | 株探ニュース

GRCS (9250)

材料:2022/09/13 PR情報 モーニングスター・エクイティ・リサーチレポート発行のお知らせ PDF (934KB)(15時30分)

今日の株価推移:前日終値3,400→始値3,440→安値3,410→高値3,570→終値3,560

メモ:ここ3,400円付近のレンジ推移から頭出しの兆候、材料を受けて上振れ期待。

アイビー化粧品 (4918)

材料:2022/09/13適時開示 DENBA株式会社との業務提携に関するお知らせPDF(248KB)NEW(16時)

今日の株価推移:前日終値528→始値528→高値528→安値518→終値520

メモ:目下月足は底値圏(アイビー化粧品(アイビー)【4918】の株価チャート|日足・分足・週足・月足・年足|株探(かぶたん))と下値は限定的、材料のインパクトは何やら凄そうで期待大。

1. 業務提携の目的及び理由
当社は、化粧品及び医薬部外品の開発について、研究開発体制および生産体制を整備しており、特許を複数所有し、その請求項の範囲は化粧品だけにとどまりません。また、工場の生産能力は、現在の売上高の数倍の生産が可能な能力を有しております。
一方、近年における売上低迷により、企業価値は著しく低く評価されております。このような状況を打破するために、当社が持っている経営資源を最大化することを目的としております。

中略

2. 本業務提携の内容
当社が開発、製造している育毛剤『薬用スカルプケア ステムシグナル』については、令和4年6月に発売を行ないました。その優れた効用により、国内市場だけでなく、グローバルに展開が出来るものだと考えております。

中略

また、DENBA は、国内大手商社からの出資も受け、その幅広いネットワークにアクセスすることも可能で、商社機能を持っています。そのため、上記育毛剤技術を応用した製品の中華人民共和国(香港を含む)および台湾での、マーケティングおよび販売を、DENBA に委ねることにより、そのネットワークを使い、多くの小売販売店への拡販を図ることが可能です。
現在当社は国内訪問販売事業だけ行っておりますが、「中国における薄毛人口は 2 億 5 千万人いる」1)と言われております。当社が令和4年6月に販売した育毛剤は大変好評であり、国内訪問販売市場だけでなく、中国等においても大きなニーズがあると考えております。日本国内以外の中国等のマーケットで新たに約 10 万人の顧客を獲得することにより、令和 10 年度までに年間約 100 万本(約 2,000 百万円規模の売上高※)出荷となるビジネス創出を目指します。

引用:2022/09/13適時開示 DENBA株式会社との業務提携に関するお知らせPDF(248KB)NEW

<4918> アイビー 1149 +89
急伸。PDK1の活性化抑制剤の発明について特許査定を受領したと発表している。マクロファージにおけるPDK1の過剰な活性化は、皮膚の炎症や腫瘍の悪性化、糖尿病、心筋梗塞などを誘導することが知られている。今回の発明はインドソケイの花の抽出物にPDK1の過剰な活性化を抑制する作用を見出したもので、症状に対する予防的効果を期待しているという。今後、所定の手続きを経て特許権を設定登録する。

引用:新興市場銘柄ダイジェスト:アイビーが急伸、コラントッテは後場にマイナス転換 | 株探ニュース

太洋物産 (9941)

材料:2022.09.13 IR 株主優待制度の導入に関するお知らせ2022年8月月次業績(売上高)速報(16時)

今日の株価推移:前日終値823→始値830→安値830→高値958→終値842

メモ:去年12月22日の928円から今年1月12日には2,547円と短期2.5倍相場の実績、直近安値圏に材料豆乳で大幅上昇を期待。

■新設 ――――――――――――――

太洋物産 <9941> [東証S] 決算月【9月】   9/13発表
毎年9月末時点で100株以上を保有する株主を対象に、一律でクオカード5000円分を贈呈する。22年9月末から開始。

引用:本日の【株主優待】情報 (13日引け後 発表分) | 株探ニュース

<9941> 太洋物産 1690 +291
大幅に5日続伸。株主の敷島ファーム(栃木県那須町)が臨時株主総会の招集を請求したと発表している。目的は取締役5名の選任。太洋物産は21年12月28日の定時株主総会で会社側と敷島ファームがそれぞれ提案した取締役選任案がいずれも否決され、取締役が不在の状況。太洋物産は「請求の内容を慎重に検討の上、決定次第開示する」としている。臨時総会に向け、議決権を持つ株主の利益が重視されるとの期待から買われているようだ。

引用:新興市場銘柄ダイジェスト:nmsは大幅に3日ぶり反落、太洋物産が大幅に5日続伸 | 株探ニュース

-明日上がりそうな銘柄は何か

Copyright© 孤独人生.com , 2022 All Rights Reserved Powered by STINGER.